線香

新しい霊園へ改葬するために役所で手続きをする

墓地

改葬はお墓の引越しで、現在使用している霊園のお墓やお骨を新しい霊園へ移設します。改葬には3種類あり、どんな方法を選ぶかで改葬の仕方が変わってきます。受け入れしてくれる霊園の選び方も異なります。改葬では法要や供養をしながら移動させます。広島では、専門業者に相談すると新しく受け入れしてくれる広島の霊園を探してくれ、スムーズに進めることができます。
改葬は、お墓ごとに新しい霊園へ移設、現在のお墓は残して一部のお骨だけを取り出し新しい霊園へ移す、現在のお墓を解体撤去してお骨を新しい霊園へ移す方法があります。簡単にできることではなく、広島の役所へ申請する必要があります。改葬は、お墓の供養のために必要とされる時に行います。自宅からお墓までが遠すぎて管理できない場合や、高齢になりお墓参りが大変になったためにバリアフリーの霊園に変更したいなど理由は様々です。少子化による後継ぎ問題の場合もあります。
改葬では、新しくお墓を建てることがあります。遺骨を引越しする時は、現在お墓がある霊園の管理者に相談しなければなりません。役所での手続きで改葬許可申請書を受け取ります。現在お墓がある霊園の管理者には、埋葬証明に記入捺印してもらいます。そして、新しいお墓のある霊園へ改葬許可書を提出します。

メニュー

  • お通夜

    生前予約も可能!永代供養ができる霊園とはどんな内容でしょうか?

    広島では長年の間、お墓は子供や孫の世代へ引き継ぎいでいくという考え方が一般的でした。 しかし、近年になり、子供がいなかったり子供に迷惑をかけたくなかったり高齢家族しかいないなど、お墓や霊園の維持…

    くわしく読む
  • 合掌

    増加傾向にある改葬をするための霊園探し

    近年、改葬を行う家庭が増えています。改葬では、お墓に埋葬や納骨堂などに収蔵しているものの、他の場所へ移動してお墓や納骨堂を変えるお墓のお引越しができます。仕事や結婚などで住んでいる場所からお墓の…

    くわしく読む
  • 墓地

    新しい霊園へ改葬するために役所で手続きをする

    改葬はお墓の引越しで、現在使用している霊園のお墓やお骨を新しい霊園へ移設します。改葬には3種類あり、どんな方法を選ぶかで改葬の仕方が変わってきます。受け入れしてくれる霊園の選び方も異なります。改…

    くわしく読む
  • 住職

    都心型の室内霊園が人気を集める理由

    先祖のお墓が遠方にあって墓参りが大変、お寺との付き合いが面倒、自分の代で墓じまいをしたい、改葬したいなど、お墓に関する負担を軽減したいと考える人が増えています。ライフスタイルの変化に伴い、お墓と…

    くわしく読む
TOP